皮膚科

皮膚科

お肌にまつわるトラブルやお悩みを改善するため、保険診療にて皮膚科診療を手がけています。お口や陰部に起きた粘膜疾患、そして爪のトラブルも皮膚科でカバーする範囲です。また、アレルギーなどがある方やお子さまの皮膚のトラブルについても、どうぞ当院でご相談ください。

取り扱う疾患は、アトピー性皮膚炎はもちろん、かぶれ、じんましん、手荒れ(あかぎれ・ひびわれ)、乾燥肌(皮脂欠乏症)、乾癬、にきび、水虫、いぼ、掌蹠膿疱症、皮膚腫瘍(ほくろ、粉瘤、老人性いぼ、皮膚がん)、タコ・ウオノメ、ヘルペス、帯状疱疹、白斑、円形脱毛症など全般的なものです。やけどや傷といった外傷性のものもお任せください。

当院では、丁寧な問診と視診、必要があれば様々な検査をして診療します。多くは治療によって症状が改善しますが、疾患によってはなかなか改善しにくいものもあります。それでも、現状維持や悪化防止で済ませることはありません。インフォームド・コンセントに基づいて患者さまにご説明し、総合病院や大学病院といった医療機関と連携して、治療に取り組みます。

主な皮膚の病気・ケガ

アトピー性皮膚炎、 接触皮膚炎(かぶれ)、 あせも、 手荒れ(湿疹)、 乾燥肌、 乾癬、 掌蹠膿疱症、 せつ(おでき)、 いぼ、 蜂巣炎、 単純ヘルペス、 帯状疱疹、 皮膚腫瘍、 じんましん、にきび、 水虫、タコ・ウオノメ、脱毛症、 白斑、 あざ、しみ、 ほくろ、 薬疹、 巻き爪、 虫刺され、 やけど、 ケガ など

アトピー性皮膚炎

当院の治療は、アトピー性皮膚炎に対する標準治療

  • 皮膚炎への外用剤を使った治療
  • 悪化を招く環境因子を除去
  • スキンケア

が3本柱です。治療方針は、患者さま一人ひとりの治療歴を十分理解した上で決定します。具体的には、内服薬、外用剤、注射などを組み合わせ、患者さまの意見を尊重して、望ましい治療計画を策定します。
当院では2022年1月よりデュピクセントを扱っております。

にきび(尋常性ざ瘡)

にきびは、P.acnesという細菌よる皮膚の感染症です。状態は人それぞれですので「角質の形成を抑える治療」「必要があれば抗生物質での治療」「スキンケア指導」を組み合わせ、患者さまの状態に合わせた治療を行います。自己流ではなく、医師によるスキンケア指導を受けてご活用ください。当院では保険診療を基盤として治療に取り組み、カバーしきれないと判断した場合には、様々な自由診療の提案もしてまいります。

長きにわたりにきびで悩んできた方も多いことでしょう。漫然とした治療にならないよう心がけておりますので、一人で悩まず、まずはご相談ください。

湿疹、かぶれ、じんましん

湿疹、かぶれ、じんましんには、原因特定が可能なものと不可能なものがあります。

原因特定が可能なものについては原因を究明し、それを除去するように努めます。内服薬と外用剤などを組み合わせて治療します。

水虫

水虫とは、白癬菌という真菌(カビ)がお肌の表面に付着し、真菌感染したものです。かゆみなどの自覚症状は必ずしもあるとは限らず、水虫だと気付かないケースもよくあります。

水虫は、小さな水ぶくれを伴ってジクジクしやすい「小水疱の鱗屑型」、カサカサして角質が厚くなる「角質増殖型」、趾間が剥けたりただれたりする「趾間型」と、大きく3タイプに分けられます。「冬で乾燥しているせいだと思ったのに本当は水虫」というケースもありますし、水虫だと誤解して水虫薬を塗ったことで悪化したケースも見られます。水虫が発生するのは足だけではありません。身体のほかの場所にできることもあります。

診断は、皮膚表面の角質を少し取り、白癬菌の有無を調べる顕微鏡検査を行って判断します。難治性と判断した時は、内服薬も処方することがあります。

帯状疱疹

帯状疱疹の原因となるウイルス(varicell-zoster virus)は、水ぼうそう(水痘)と同じものです。このウイルスに感染すると水ぼうそうを発症し、その後もごくわずかな量が体内の神経節に潜んで残ります。そして、数年~数十年経ってからでも、体調が悪い時や免疫力が落ちた時には再び増殖して、皮膚に症状を出します。それが帯状疱疹です。

帯状疱疹の症状は、身体の左右どちらか一側に出る水疱と、ぴりぴりした痛みが特徴です。痛みの程度は千差万別で、特に感じないこともあります。また、虫刺されだと思って来院される方もいらっしゃいます。

帯状疱疹は治療開始が遅いと重症化するリスクがあるため、早期治療が肝心です。特に、頭やお顔に帯状疱疹が出た場合は合併症への注意が必要で、眼科や耳鼻咽喉科との連携が求められるケースもあります。

担当医師(天貝 純郁)

私は日本大学医学部を卒業後、12年間大学病院に勤務し、軽症から重症まで様々な皮膚疾患の治療にあたってきました。日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医の資格も取得しております。 池袋麗歯科・美容皮膚科では、これまで学んだことを生かして一人ひとり丁寧にお肌を観察し、ダーマスコープなどを用いてより緻密な診断を行い、ご本人とよくご相談した上で治療に臨むことを心がけています。健やかで美しいお肌を目指すお手伝いをさせていただきます。些細と思われることでもお気軽にご相談ください。
【略歴】
2003年~2015年 日本大学医学部附属板橋病院皮膚科 勤務(医局長/外来医長/病棟医長)
2008年 日本皮膚科学会 皮膚科専門医 取得
2015年~ 渋谷国際皮膚科・池袋西口皮膚科・池袋麗歯科美容皮膚科 などで勤務